浚渫

真空吸引圧送浚渫工法

真空吸引圧送浚渫工法とは?

真空吸引圧送浚渫工法とは、真空発生装置を動力にし、当社開発の特殊アタッチメントにより 汚濁をほとんど発生する事なく浚渫出来る、 環境負荷を 軽減した 浚渫工法です。 これまでに 漁業組合関係や漁業権のある水域での 施工実績が多くあるなかで 汚濁防止フェンスなどの使用の頻度はほとんどなく 各方面から環境保全型工法として、高い評価を頂いています。
狭く水深の浅い水域や、周辺環境に特に配慮しなければいけない場所など、在来の大型機械が入れない現場などに非常に向いている工法として採用されています。
                    
                    写真:2007年度施工 国場川浚渫工事

真空吸引圧送工法の歴史

1986年、吸引と圧送が連続的に行える機械を製作しているメーカーとの出会いがあり、従来のポンプ浚渫とは異なった吸引方式 「真空発生装置」 を用いた浚渫システムを共同で開発を開始し、1989年に 「そうけん号」 として実用化しました。 初めての現場として、沖縄県那覇市の中心部にある国場川浚渫工事に携わり、国場川では現在まで約16万㎥の実績があります。 また、全国各地で約150万㎥の実績を積んできました。1994年2月には、日経コンストラクションの建設機械特集にも掲載されました。

1994年2月号 日経コンストラクション 建設機械特集記事PDFファイル 


建設技術展 出展

EE東北’13 2013年6月5日、6日両日、「夢メッセみやぎ」で開催されました
EE東北’13に出展しました。「復興へ、いまこそ活かそう新技術」というキャッチフレーズで
被災地の復興に役に立ちたいという思いで、技術の紹介をしてまいりました。
「真空吸引圧送浚渫工法」の原理をデシケーターを使って説明していますので、吸引口の泥土動きや汚濁の発生がない様子が良く分かります。
デシケータでの真空吸引圧送浚渫工法の原理が実演されました。
動画にてご覧ください。

    ↑ ↑ ↑ ↑
   ク リ ッ ク


新技術登録

☆2007年4月 国土交通省新技術登録に真空吸引圧送浚渫工法が登録され、
  2012年8月 新技術活用評価会議にて、活用評価を受けました。
  従来工法との比較で 「従来工法より優れ、多くの現場で高い評価を得ています。」

NETIS登録 №HK-070001-V

☆2008年2月 北海道建設部新技術登録に登録しました。

登録 №20081002

☆2011年1月 東京都建設局新技術登録に 「汚濁発生を抑制した、高濃度浚渫システム」 として登録されました。

登録 №1001011

☆2012年3月 東京都港湾局新工法データベースに 「真空吸引圧送浚渫工法」 として登録されました。

登録 №23015


お問い合わせ